平成28年度 総合高津中央 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 236 72 194 293 313 392 873 1069 810 241
平成28年度(平成28年4月1~平成29年3月1日)に退院した患者様の年齢を10歳刻みで集計したものです。
当院は地域に根ざした病院として、幅広い年齢層の患者様にご利用いただいております。
特に、60歳以上の患者様が多いのは(全体の66.6%)がん治療を中心に、肺炎、循環器系疾患、白内障、大腿部の骨折など、
ご高齢の患者様の医療を多く扱っているからです。
また、周産期医療や新生児、乳幼児、小児医療にも力を入れていることから、10歳未満の患者様も比較的多くなっております。(全体の5.3%)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 35 7.86 5.50 5.71 47.86
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア0 29 7.69 8.31 0.00 39.41
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 21.63 21.25 12.50 82.13
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 15.04 9.08 0.00 76.13
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 21 8.10 7.89 0.00 60.95
平成28年度の内科の入院状況です。
内科では救急医療を積極的に行っております。
患者数ではウイルス性腸炎が最も多くなっておりますが、高齢化に伴い、誤嚥性肺炎も増加しております。
また、腸閉塞や憩室炎などの消化器系疾患の患者数も多く、当院外科とも密接な連携を行っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病あり 144 7.22 12.46 10.42 73.50
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 121 4.94 5.85 0.00 69.90
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1_1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 108 2.29 3.06 0.00 66.94
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 102 17.59 17.95 4.90 79.71
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 9.46 13.02 0.00 66.34
平成28年度の循環器内科の入院状況です。
動脈硬化を原因とした末梢動脈疾患や冠動脈疾患が増加しており、
いずれも、高齢化によるものであると考えられます。
当院では心臓血管センターにおいて、冠動脈のみならず全身の血管に対して
カテーテル治療を積極的に行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 7.82 6.18 0.00 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 9.21 6.42 0.00 3.71
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 9.84 5.79 0.00 3.08
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 17 8.18 11.55 0.00 0.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置2なし 15 4.53 5.50 0.00 3.87
平成28年度の小児科の入院状況です。
小児科では低出生体重児や、地域の小児救急医療も積極的に行っていることから、喘息・肺炎・腸炎など幅広く
患者様の受け入れを行っており、食物アレルギーの治療も行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2_6あり 副傷病なし 180 3.07 4.48 0.00 68.83
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2_6あり 副傷病なし 106 2.94 4.41 0.00 64.25
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2_5あり 副傷病なし 98 3.00 4.5 0.00 64.57
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2_5あり 副傷病なし 52 3.00 4.42 0.00 63.06
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 49 3.69 5.60 0.00 30.92
平成28年度の外科の入院状況です。
当院は大腸癌に対する抗がん剤治療の入院が多くなっておりますが、悪性腫瘍の手術を
年間70件以上行っており、その内、腹腔鏡(鏡視下)手術が95%に及びます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 46 39.20 27.63 19.57 83.17
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 29 35.17 26.26 3.45 72.72
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 28 9.64 5.49 3.57 57.36
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 25 26.32 20.57 12.00 77.40
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 21 7.24 5.86 0.00 49.19
平成28年度の整形外科の入院状況です。
整形外科では救急医療を積極的に行っていることから、骨折の患者様が多くなっております。
高齢者の増加に伴い、股関節大腿部の骨折や変形性膝関節症の患者数が増加しており、
リハビリテーションを積極的に行い、地域の医療機関とも連携しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2_4あり 59 1.97 2.49 0.00 77.76
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2あり 39 1.85 2.46 0.00 69.36
020180xx99x2xx 糖尿病性増殖性網膜症 手術なし 手術・処置等2_2あり 26 1.96 2.65 0.00 63.35
平成28年度の眼科の入院状況です。
眼科ではDPCコードに該当しない白内障の入院を除きますと、
加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症に対する抗血管新生療法に
力を入れております。
(白内障については、診療科別主要手術別患者数をご参照ください。)
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 57 9.14 9.77 0.00 32.39
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 20 10.05 9.88 0.00 32.50
120160xx01xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 子宮破裂手術等 14.03
120270xx97x0xx 産褥期を中心とするその他の疾患 手術あり 手術・処置等2なし 6.29
120110xx97xxxx 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 その他の手術あり 16.14
平成28年度の産科の入院状況です。
産科の患者数が最も多い、分娩異常 子宮破裂手術等とは、帝王切開手術において子宮を切開して
児を娩出することであり、周産期医療には特に力を入れております。
※患者数が10件未満の項目には「ー」で表示することになっております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 66 2.17 2.43 0.00 34.42
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 29 15.38 20.79 13.79 33.14
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 22 7.82 12.29 0.00 30.73
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし 21 7.57 12.76 4.76 33.24
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 18 2.06 2.50 0.00 48.61
平成28年度の婦人科の入院状況です。
婦人科では救急医療や地域のクリニックとの連携を積極的に行い、入院適応の患者様の受け入れを
しています。また、切迫症状の患者様についても多く受け入れております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 43 16 1 7
大腸癌 66 203 247 20 41 1 7
乳癌 14 16 1 7
肺癌 1 7
肝癌 10 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
日本で罹患数の多い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の病期分類別(ステージ)の症例数を集計したものです。
病期分類別にみることにより、その病院の診療の幅広さを知ることができます。(ステージⅣが最も進行しております。)
当院では大腸癌、胃癌、乳癌の順で症例数が多くなっており、手術だけでなく、抗がん剤による治療も積極的に行っております。
※患者数が10件未満の項目には「ー」で表示することになっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 41 9.56 44.44
中等症 86 25.42 80.74
重症 23 27.43 87.78
超重症 34.50 83.00
不明
当院における成人市中肺炎の退院状況です。(市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人が発病した肺炎のことであり、院内での発症は含みません。)
当院では、中等症以上の高齢者の受け入れが多くなっています。
※患者数が10件未満の項目には「-」で表示することになっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 9.54 79.69
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 36 26.42 77.75 14.29
その他 11.17 68.67
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院は救急医療を積極的に行っており、脳梗塞発症後、3日以内の患者数が多くなっています。
また、積極的なリハビリテーションを行い、早期退院を目指しておりますが、
地域の病院とも連携してリハビリテーションの継続を行っていただいております。
※患者数が10件未満の項目には「-」で表示することになっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 311 1.61 8.04 8.36 72.00
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 95 1.49 3.65 1.05 66.82
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 26 3.50 6.12 0.00 67.46
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 26 0.00 12.46 3.85 67.08
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 23 0.13 11.87 0.00 66.04
循環器内科における上位5手術です。
動脈硬化を原因とした末梢動脈疾患や冠動脈疾患が増加しています。
当院では、冠動脈のみならず全身の血管に対してカテーテル治療を積極的に実施しております。
特に下肢切断の危険性が高く、重症虚血肢に対するカテーテル治療では、
良好な治療成績を上げています。
※第1位は四肢の血管に対する手術、第2位~5位は心臓(冠動脈)に対する手術になります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術(両側) 49 1.14 2.57 0.00 60.98
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 49 1.12 3.37 0.00 60.92
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 49 0.35 2.35 0.00 30.37
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 40 1.08 5.68 2.50 74.58
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2㎝未満) 24 0.96 1.17 0.00 68.83
外科における上位5手術です。
侵襲や傷跡が小さい、腹腔鏡(鏡視下)手術が年間約300件施行しております。
また、悪性腫瘍手術も年間70件以上行っており、その内、95%が
腹腔鏡(鏡視下)手術であります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 41 2.73 16.29 2.44 60.44
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 41 1.51 35.80 4.88 72.95
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 37 3.65 27.43 8.11 68.22
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 22 2.14 12.09 0.00 50.64
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 19 1.32 2.47 0.00 49.63
整形外科における上位5手術です。
年々高齢者が増加していることや、積極的な救急医療の受け入れにより骨折、特に股関節大腿部の骨折手術の件数が最も多いです。
また、第2位の人工関節置換術とは変形性の膝関節症や股関節症に対する手術であり、力を入れている手術でもあります。
さらに、早期離床を目指したリハビリテーションも積極的に行っており、地域の病院とも連携しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 339 0.00 1.05 0.00 76.29
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
平成28年度の眼科の手術状況です。
水晶体再建術とは白内障の手術でありますが、高齢者の増加もあり、年々増加しております。
※患者数が10件未満の項目には「ー」で表示することになっております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 61 1.82 7.31 0.00 33.03
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 22 0.91 7.77 0.00 31.14
K861 子宮内膜?爬術
平成28年度の産科の手術状況です。
周産期医療に力を入れていることから、帝王切開が上位を占めており、緊急時にも対応した医療を行っております。
※患者数が10件未満の項目には「ー」で表示することになっております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 64 1.13 0.06 0.00 34.63
K861 子宮内膜?爬術 32 0.94 0.06 0.00 45.13
K867 子宮頸部(膣部)切除術 26 0.00 1.00 0.00 37.92
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 10 1.10 4.80 0.00 50.20
K877 子宮全摘術
平成28年度の婦人科の手術状況です。
地域のクリニックと連携し、手術適応の患者様の受け入れを行っております。
また、腹腔鏡手術も行っております。
地域医療に貢献できるよう、がん健診、診断、手術、治療を行っております。
※患者数が10件未満の項目には「ー」で表示することになっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 11 0.24
180010 敗血症 同一 16 0.36
異なる 15 0.33
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.27
異なる
入院後、感染症が重症化したり、免疫力の低下などにより播種性血管内凝固症候群や敗血症に陥る場合があります。
また、手術後の合併症を起こさないよう、細心の注意を払っておりますが少なからず発生してしまいます。
※患者数が10件未満の項目には「-」で表示することになっております。
更新履歴
2017年9月28日
平成28年度 病院指標を公開いたしました。