薬剤部の概要

薬剤部の理念・目標

 ファーマシューティカルケアの理念の実践に基づき、患者さまのQOL(生活の質)を改善または維持するために、明らかな結果が得られるように責任をもって薬物治療を提供することを目標としています。


薬剤部長あいさつ

 薬剤師は、医療の担い手の一員として、薬学的な立場から専門性を生かし、良質な医療を提供するため、薬物療法などについて知識、技能をそなえ、医師、看護師をはじめとする医療従事者などと協力し、医療、保健、福祉の向上に貢献することが求められています。
 総合高津中央病院薬剤部では、地域医療を通じて、患者さまの価値観、エビデンス(科学的根拠)に基づいた、安心、安全、良質な薬物療法を支援することを心がけています。

薬剤部長 向山 雅士


スタッフ紹介

“すべては患者さまのために”

TOPへ戻る