業務内容

中央業務

 薬剤部の中央業務には、内用、外用薬の調剤、注射調剤、無菌製剤、薬品管理、医薬品情報管理などがあります。

調剤室

 内用薬、外用薬の調剤を行います。

 調剤する際には、薬の専門家の視点から処方された薬の用法、用量が適切かどうか、飲み合わせに問題がないかなどを確認します。患者さまが、退院後も安心してお薬を飲んでいただけるように病棟と連携し調剤の工夫も行っています。

 休薬が必要なお薬については、患者さまごとに休薬管理表を作成して適切な投与スケジュールでお薬が処方されているかを確認しています。また、患者さまの持参したお薬を調べて、医薬品名、用法、用量、院内での代替薬品などを医師や看護師へ情報提供しています。

 患者さまの安全で効果的な薬物治療のお手伝いを目指しています。


注射補給室

 注射薬の調剤を行います。病棟での薬剤の取り違え防止などの安全性向上のために、患者さま一施用ごとに個人セットしています。投与ルート、投与時間、配合変化、注射薬、医療材料間の相互作用などのチェックを行い医師、看護師、臨床工学技師と情報共有を行っています。


薬品管理室

 院内で使用される1000品目以上の医薬品の品質管理(温度、湿度、使用期限など)、院内各部署への供給を行っています。購入、供給、品質管理は、薬剤師の監督のもと薬剤助手も行っています。

 薬剤部内だけでなく、手術室、病棟、外来などの院内全体の配置薬品、救急カートも定期的に点検して、管理を行っています。


無菌製剤室

 高カロリー輸液や抗がん剤の調製を行っています。クリーンベンチや安全キャビネット内で無菌的に調製をすることで、感染症リスクの減少や調製者の安全管理に努めています。また、治療するにあたり必要であるものの、市場にない(市販されていない)特殊な医薬品は、院内製剤として調製しています。


医薬品情報管理室

 厚生労働省、PMDA(医薬品医療機器総合機構)、製薬会社からの医薬品に関する情報(医薬品安全性情報、安全対策情報、副作用情報、適正使用情報など)を収集し、必要に応じて医師や病棟薬剤師、看護師、患者さまへ情報を提供することが主な仕事です。

 緊急性を要する情報(緊急安全性情報、安全性速報など)は、迅速かつ正確に医師や看護師などに情報提供しています。

 薬事委員会では、事務局を担当し、新規採用、採用中止薬剤の資料の収集および整理を行い、審査の結果を院内に周知しています。また、治験管理室の業務の支援も行っています。

TOPへ戻る