業務内容

チーム医療

褥瘡ケアチーム

 褥瘡対策委員会の医師、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士、事務員からなる褥瘡ケアチームによる回診が月に2回行われています。

 薬剤師は、患者さまの褥瘡の状態から、適切な外用薬やドレッシング材(創傷被覆剤)の選択について検討、提案を行い効果の評価を行っています。


感染制御チーム(ICT)

 ICT(Infection Control Team) は、多職種から構成される感染制御チームのことです。ICTは感染防止対策委員会の下部組織であり、実質的に臨床で活動するチームです。

 当院では薬剤師も、医師、看護師、臨床検査技師とともにチームの一員として活動しています。薬剤師の主な活動としては、週1回のICTラウンドをはじめ、抗菌薬の使用状況の把握、アンチバイオグラム(細菌ごとの抗菌薬感受性率の表)の作成を行っています。感染症診療や感染対策に対し重要な役割を担っています。

 KAWASAKI感染制御協議会にも参加し、他施設との情報交換も行っています。

KAWASAKI感染制御協議会のページへリンク

TOPへ戻る