部署紹介

3東病棟

患者中心の質の高い看護提供を目指して・・

 当病棟は、外科、内科、泌尿器科の混合病棟です。
 外科は、消化器外科(胃~直腸まで)ほぼ全例腹腔鏡下で手術がされ、また内視鏡での治療(ERCP,PTCD,EMRなどなど)も積極的にされています。
 患者さまにとって最良の医療、看護が提供できるよう毎日医師、看護師、MC、薬剤部、MSWと多数で合同カンファレンスを実施しています。また週1回術前、後カンファレンス、化学療法カンファレンスを外科外来看護師も参加し行っています。
 腹腔鏡下手術は、患者さまにとって最大のメリットである最小限の痛み、翌日には離床ができ、合併症を起こさせないため全力でチーム一丸となって周術期看護を提供させていただいております。入院したから・・手術したから歩けない・・を当たり前にするのではなく、絶対ご飯を食べて歩いて帰るという強い意識をみなが持っていまます。
 そして、自分たち家族が入院して、手術をしてもいい!と自信をもっていえる・・そんな看護を目指しています。
 明るく、楽しく・・時には厳しい現場ではありますが、愛情もって指導すること間違いないです。そんな病棟ですが、一緒に働きましょう。お待ちしております。

3東病棟 師長

TOPへ戻る